ゆっくり向き合うことで整うということ

笑顔で帰られる患者さん

私たちが健やかさを失うとき、そこには生活習慣の乱れや食事の乱れ、心の乱れが関係していることが多くあります。わかっていても抜けられない悪循環。そんな流れをリセットするために、私たちは症状とそこに至る経過をしっかりと伺い、お一人お一人にあったオーダーメードの施術を行っていきます。

当院では、鍼灸治療とびわの葉温灸ユーフォリアを用いた自然療法、自律神経を整える整体術、そして太陽の代替としての光線療法によって生命力を高める施術、またご希望の方にはストレッチや呼吸法の指導も組み合わせ、さまざまなご希望に沿って、心身の不調に取り組んでいます。住宅街にひっそりとある隠れ家のような治療院でご自身の心と体にゆっくりと向き合い、体を健康にする力が自ら備わっていることを実感してください。心からくつろぐとき,身体の自然治癒力は最大限に発揮され、本来あるべき状態へと導かれていきます。その大切なお時間をあなたと共有できますよう心を込めてお待ちしています。【完全予約制】

 

自律神経に関係のない体調不良の方も多く通われていますので、ご相談下さい。


当院の鍼灸治療について

【当院の鍼灸治療の特徴】

鍼灸治療といいますと「鍼は痛いので受けるのが怖い、お灸は熱い上に痕になるのでは?」というイメージを持たれている方が多いのですが、「鍼は心地よく響き体のつまりをほぐし、芯の緊張を緩めることのできるもの。お灸は温かさが体の奥まで届き体質さえ変えられるもの」ということを実感していただけるよう施術しています。ひと鍼刺すごとに体は大きく変化していきます。その変化をとらえながら、その方に適した鍼数で施術を行います。そのため当院ではパルスなどの機械刺激は使用しません。また、一回ごとに使い捨てるディスポーサブル鍼を使用していますので、衛生面でもご安心頂けます。

【オーダーメードの治療】

同じ病名であっても決してすべて同じ治療方法、経穴(ツボ)を用いないのが、鍼灸がオーダーメードの治療と言われるゆえんです。当院では、お一人お一人の症状を把握するために多角的かつ丁寧に診断をし、それをもとにその方の体質や、感受性、体調にあった刺激量で治療を行っています。

自らのいのちと向かい合うチャンスとしての鍼灸】

鍼灸はまた、時として患者さんがご自分を知るとても良いきっかけとなることがあります。「鍼灸を受けることで体の状態に対しての感覚がよみがえり、自分自身と向き合えるようになった」とおっしゃる方は少なくありません。それは、心の動きや外的な要因と体の状態を結びつけてとらえる東洋医学のあり方と深い関係があります。体の不調がどこに端を発しているのか。そこに思いを馳せることなく症状を止めるためにその都度対症療法的に症状を押さえ込んでいては、病いや体調不良を根本から改善することはできません。治療中とその後の体の変化を通して自分自身の生活全般を振り返ったり、または自分のストレスに対する気持ちの持ち方、そして感情をリセットする方法を持っているかどうか、、、などを振り返ることによって、同じ症状を繰り返さないように自らが変わっていくこともできるのが病気の意味でもあります。

鍼灸治療を受けると、その後の体の変化に命の神秘さえ感じることがあります。それは、鍼が体の有機的つながりを賦活化し、ひとたびだるくなった後、体が楽になったり、軽くなるなどのプロセスを経ることが感じられることが往々にしてあるからです。(このような好転反応のは人により、また症状によっても大いに異なります)いつも健康でいられることに勝る喜びはありませんが、具合の悪いときにこそ私たちは自分のいのちに真摯に向かい合うチャンスを貰っているといっても、過言ではないのではないでしょうか。

 

Keropi鍼灸院の名前の由来はカエルですが、それは患者さんの病気がけろっと治られることを願うと共に、自分自身にかえる場所であってほしいという願いを込めています。体調不良や病気を通して、より本来の自分らしく輝かれるお手伝いをさせて頂きたい、そう思って今日も患者さまに向かい合います。

 

 当院では日本的な鍼の道を追究する横田観風先生が主催される【いやしの道協会】に所属し、研鑽を積む女性鍼灸師が施術を行っています。

 

 

 

店舗名      Keropi 鍼灸院

住所       東京都大田区田園調布2-47-13

電話番号     03-5483-2241     080-5185-5100

FAX        03-5483-2241

メールアドレス        info@keropi.tokyo

営業時間     9:00~20:00

定休日      日曜、祝日

管理責任者    小池奈美

運営責任者    小池秀効